« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

シドニーへの出張(2)

 シドニーの行事が終わって月曜日(9/12)の夜8時過ぎに無事に帰宅しました。

 日本に到着して飛行機から空港内へ続く通路の暑いこと。そう、オーストラリアは南半球なので季節は逆で、今、冬から春へ向かうところです。私が滞在していた期間は昼間でも寒い風が吹き、朝晩は結構温度が下がったようです。12度とか13度。私は現地の方から週末は寒くなる見込みなので暖かい服装を、というアドバイスを受けていたので、押し入れにしまってある冬物のアンダーウェアを沢山引っ張り出してきて、セーターも2枚用意して、防寒には万全を期して行きましたので、特に風邪を引くこともなく、過ごすことができました。しかし、夏の暑さに体が慣れているのもあり、朝晩の寒さはかなり身体に堪えました。

 オーストラリアと日本は時差が1時間。日本人がよく訪れる地域で、日本よりも時計が進んでいる国はおそらくオーストラリアとニュージーランドだけではないかと思います。私が搭乗した飛行機は、日本を午後7時50分に出て、現地に6時10分に着く便でした。狭い機内ではなかなか寝られません。その上、到着の2時間前から朝食を配り始めるのですが、その時間は日本時間ではおよそ午前3時。着いた日はどうしても睡眠が不足気味になります。そこへ持ってきて、睡眠不足の状態では頭痛がよく起こる私の頭に、例外に漏れず、到着してしばらくしたらかなりひどい頭痛が訪れてきました。一応頭痛薬は持っていましたが、それを飲んでもあまり効かず困っていたら、打ち合わせの後に市内観光に連れて行ってくださった生長の家のメンバーの方が頭痛薬を持っていて、それが効いたので助かりました。

 オーストラリアは1828年から1901年までイギリスの植民地だった影響で、イギリスの影響が色濃く残っています。同国で話される英語はなまりがあるとも言われていますが、基本的にはイギリス英語に近く、通りの名前の多くは、イギリスの地名から取られています。また、車はイギリスと同じ左車線を走るので、ハンドルは右側で、日本と同じです。

 オンライン上の百科事典『ウィキペディア』によると、『戦後、ヨーロッパからの白人移民は減り続け、国力となる人口増加は鈍った。そこで1980年代からは白豪主義を撤廃し、世界中から移民を受け入れることとし、「多文化主義」へと移行した』そうで、現地の人々も、「ここには色々な国の人がいますし、色々な国のレストランがありますよ」と言っていました。

 ホテルの近くを少し散策しましたが、目立って多かったのがタイ料理店です。現地の人も、「なぜかタイ料理の店は多いですね」と言っていました。ちなみに、日曜日、浄心行と座談会が終わった後に参加者全員で“出前”を頂きましたが、それもタイ料理でした。

 概して、海外の人たちは表現が上手です。地域性もあるでしょうけど、日本の皆さんよりも喜びを素直に表現する人は多いと思います。生長の家の行事に参加する人同士は、皆ハグ(抱擁)をします。初めての人だろうが、昨日会っていようが、関係ありません。

 今回は4人の方を個人指導させていただいたり、会の運営に熱心に取り組んでくださっている方と個人的にも色々お話しさせていただいて、それぞれの立場で悩みを抱えながらも、生長の家の教えを学び、伝道に励んでくださっていることを知り、大変感動をしました。

 ちなみに生長の家の行事のために訪れたのはアメリカ、カナダ、ブラジル、香港、韓国、ドイツに次いで7カ国目です。それぞれの地域で今日もご活躍くださる皆様に感謝しながら、日々の業務に励んでいく決意を新たにしました。ありがとうございます。

 阿部 哲也

※下記に写真が載っていますので、よろしければご参照ください。
http://on.fb.me/n8TNNx

| | コメント (0)

シドニーへの出張

 今、出張でオーストラリアのシドニーに来ています。オーストラリアは未組織の地域で、講師や伝道員がいないなか、本部国際部の指導のもと、毎月、誌友会が開かれています。そして、1年に2回ほど、国際本部から講師が派遣され、指導を行うことがここ数年続いています。

 今回は9月10日にシドニー市内のホテルで誌友会が、11日には信徒宅で浄心行や座談会などが行われ、私が講師として出講させていただきました。オーストラリアは初めてで、海外への出張は昨年5月にハワイから帰任して初めてですので、少し緊張しました。

 しかし、現地の方々の明るさ、そして行き届いた心配りに緊張はすぐに解け、充実した2日間を過ごすことができたのは大変有難い事でした。

 10日の誌友会は見真会のようなプログラムで、私は「感謝は幸福への鍵」「喜びを世界中に広げよう!」と題して2つの講話と、最後に世界平和の祈りを担当しました。英語の講話は1年4カ月ぶりで、その間、英語で人と話す機会は数回を超えませんでしたので、とても不安がありましたが、聞き上手な皆さんのおかげで、無事に役を終えることができたと思います。

 参加者は14名で、その中には現地の方が開設したfacebookによる誌友会を紹介するページを見て参加した人が2人いました。また、参加者の出身国はイギリス、ブラジル、コロンビア、日本と国際色も豊かでした。

 今日の浄心行と座談会には9名が参加し、座談会では昨日の講話で生長の家がイスラームをなぜ学ぶか等について言及したことについて、また、生長の家が取り組む環境問題についてディスカッションが行われ、現代の人々にタイムリーに教えを説いている生長の家は素晴らしい、などという内容でとても盛り上がりました。

 現地の皆さんのご努力と、国際部からの適切な支援、そして、これまで出講された講師の方のご活躍により、少しずつではありますが、前進していることを感じ、そういう中に派遣していただいたことにとても感謝の思いが湧いてきました。金曜日の朝に現地に着き、ここまでたった3日間の滞在ですが、1週間ぐらいを過ごしたような気がします。関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

 下記の写真は、ハーバーブリッジ、オペラハウス(いずれもシドニーを代表する風景として知られているそうです)、カフェで飲んだカフェラテ、誌友会の参加者の皆さんと。

Sydney_1
Sydney_2
Sydney_3
Sydney_4

| | コメント (6)

視点の違い

 今年の4月から小学校1年生になった娘と、朝は一緒に駅まで行くようにしています。娘が朝出る時間に合わせると7時10分か15分に家を出ることになるのですが、そうすると職場にも早めに着くのでちょうど良いです。しかし、7月中旬から娘が夏休みに入ったのでこの1カ月半間は1人で駅まで歩いていました。

 1人で歩けば6、7分の距離ですが、娘と歩くと10分から12、3分はかかります。荷物が多いとき、睡眠が不足気味なとき、雨が降っているときなどは歩く時間が遅くなります。今日は学期はじめで荷物が多く、私からすると「のらりくらり」歩いているので、「早く歩こうよ」などとせかしていましたが、ふと、あることに気がつきました。

 それはいつもと景色が違う、ということです。景色が違うと言っても、通る道は同じです。違うのは歩く速度と、目に付く「もの」です。1人で歩くときは、何か考え事をしているか、特に考えることがなくても、目的はただ一つ、駅に無事に着くことです。だから、周りを見ることはあっても、だいたい見るものは同じものが多いのです。ところが娘と歩いていると、歩く速度は遅いし、あまりに重そうなときはちょっとの時間だけバッグを持ってあげたりしているうちに、日頃は見ないものをよく見ていることに気がつきました。

 私の通勤路には残念ながら目にも心にも優しい“緑”はあまりないのですが、それでも、こんなところにこんな看板があったんだ、とか、こんな字が書いてあったのか、などと、これまで気づかなかったことに目が行くのは新鮮です。これは視点の違いなのだと思います。

 もちろん、娘と2人で話す時間というのは割合少ないので、大切なコミュニケーションの場でもあります。

 視点の違いと言えば、私は日本を3年間離れていたので、遠くから日本を眺めることができ、日本人特有の視点というものが目に付くときがあります。その一つはスーパーの品揃えです。アメリカには巨大なスーパーがありますが、日本のように消費者の好みに合わせて、という発想を私はあまり感じません。食品流通の世界的な企業は日本に進出するのは難しいと言われているのもそういう事情があるかもしれません。

 先日(9/1)の『朝日新聞』朝刊には、イギリスのスーパー最大手(営業収入で世界第4位)の「テスコ」が日本市場から撤退すると発表した、という記事が載っていました。同新聞によると、世界で売り上げ第1位のウォルマート(アメリカ)は2005年に西友の子会社に、同第2位のフランスのカルフールは2005年に撤退するなど、日本市場で成功するのはかなり難しいようです。

 日米双方のスーパーを見ていたので、海外の大手スーパーの会社幹部の人たちが、日本人のニーズをつかむのは相当難しいだろうというのは容易に想像がつきます。日本では、良きにつけ悪しきにつけ、お菓子でも、お総菜やお弁当でも、日用雑貨でも、とにかく、人の心をグッと把むような製品が次から次に出てくるのには驚かされます。これも視点の違いだと言うことができると思います。

 日本のスーパーのように顧客のニーズをつかむことは素晴らしいことだとは思いますが、地球温暖化や飢餓の問題がクローズアップされている現代においては、持続可能性とか、環境に配慮したとか、途上国の人の助けになるなどの視点に立った製品がドンドン導入されていかなければならないと思います。

 阿部 哲也

| | コメント (4)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »