« 視点の違い | トップページ | シドニーへの出張(2) »

シドニーへの出張

 今、出張でオーストラリアのシドニーに来ています。オーストラリアは未組織の地域で、講師や伝道員がいないなか、本部国際部の指導のもと、毎月、誌友会が開かれています。そして、1年に2回ほど、国際本部から講師が派遣され、指導を行うことがここ数年続いています。

 今回は9月10日にシドニー市内のホテルで誌友会が、11日には信徒宅で浄心行や座談会などが行われ、私が講師として出講させていただきました。オーストラリアは初めてで、海外への出張は昨年5月にハワイから帰任して初めてですので、少し緊張しました。

 しかし、現地の方々の明るさ、そして行き届いた心配りに緊張はすぐに解け、充実した2日間を過ごすことができたのは大変有難い事でした。

 10日の誌友会は見真会のようなプログラムで、私は「感謝は幸福への鍵」「喜びを世界中に広げよう!」と題して2つの講話と、最後に世界平和の祈りを担当しました。英語の講話は1年4カ月ぶりで、その間、英語で人と話す機会は数回を超えませんでしたので、とても不安がありましたが、聞き上手な皆さんのおかげで、無事に役を終えることができたと思います。

 参加者は14名で、その中には現地の方が開設したfacebookによる誌友会を紹介するページを見て参加した人が2人いました。また、参加者の出身国はイギリス、ブラジル、コロンビア、日本と国際色も豊かでした。

 今日の浄心行と座談会には9名が参加し、座談会では昨日の講話で生長の家がイスラームをなぜ学ぶか等について言及したことについて、また、生長の家が取り組む環境問題についてディスカッションが行われ、現代の人々にタイムリーに教えを説いている生長の家は素晴らしい、などという内容でとても盛り上がりました。

 現地の皆さんのご努力と、国際部からの適切な支援、そして、これまで出講された講師の方のご活躍により、少しずつではありますが、前進していることを感じ、そういう中に派遣していただいたことにとても感謝の思いが湧いてきました。金曜日の朝に現地に着き、ここまでたった3日間の滞在ですが、1週間ぐらいを過ごしたような気がします。関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

 下記の写真は、ハーバーブリッジ、オペラハウス(いずれもシドニーを代表する風景として知られているそうです)、カフェで飲んだカフェラテ、誌友会の参加者の皆さんと。

Sydney_1
Sydney_2
Sydney_3
Sydney_4

|

« 視点の違い | トップページ | シドニーへの出張(2) »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

すばらしいご指導ありがとうございました!!
みてくださいみんなの笑顔!!

とってもうれしいでーす!!happy01

今後ともどうぞよろしくお願いします!!
頼りにしてまっす!(*^ω^*)ノ彡

投稿: 源 明子 | 2011/09/11 23:16

源さん、コメント有り難うございました。
今日の午後8時過ぎに無事に帰宅しました。

海外の人は、パワーがあって、いつも圧倒されてしまいます。また、色々なことを勉強されている人もいて、私も勉強になりました。

あまり頼りにはなりませんが、今後ともよろしく、です。

阿部 哲也

投稿: 阿部 哲也 | 2011/09/12 21:32

出張ご苦労様でしたm(_ _)m
こちらは、御祈り担当で、ご盛会を御祈りさせて
いただいておりました(^人^)

素晴らしい会になって良かったですね~!!
Facebookも、素晴らしい効果ですねo(^▽^)o
オペラハウス、よくカレンダーで見る景色。。。
実際にここに行ったんですね!!

パパのいない夕食が苦手なManamiも、今回
よく頑張れたと思います(o^^o)

投稿: Kaneohe.HI | 2011/09/13 20:59

Kaneohe-san,

 お留守番、ご苦労様でした。そしてお祈り、有り難うございました。

 建物はとてもスタイリッシュで、カフェもとても良かったです。いつか、みんなでいけると良いね。

投稿: 阿部 哲也 | 2011/09/14 10:12

オーストラリアへ行かれたのですね。皆様に喜んでもらえて、本当によかったですね。私の指導もよろしくお願い致します。合掌 らいたあ 

投稿: 石田 盛喜代 | 2011/09/15 10:55

石田盛喜代 様

 コメント、ありがとうございました。

 集まってきている人と話をしていると、まるで次元が違う別世界にいるような気になるのですが、そこでも私たちが学んでいるのと同じことを学び、感動を共有できることは、不思議な気がしますし、同じ同志としての喜びもひとしおです。

 いつも、精力的に喜びの言葉を発信し続けてくださいまして、有り難うございます。

 阿部 哲也 拝


 

投稿: 阿部 哲也 | 2011/09/15 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 視点の違い | トップページ | シドニーへの出張(2) »