« 音浴博物館 | トップページ | 粋なサービス »

貴重な時間

 妻が通信制の大学の授業を受けていて、定期的に千葉県にある学校に通う必要があるため、1年に何度か4~5日間、帰省します。その時には私が小学2年生の娘の面倒を見ることになるため、家内の帰省が私の休みの都合に合うように計画しています。幸い、私の休日が練成会が開催されていない、一定期間に集中していることが多いこともあり、今回も休みが集中する2月の終わりに家内が帰省しました。

 家内の不在時には早朝行事を少し早めに失礼して、6時20分には家に戻り、娘と朝食を食べ、7時に見送ります。娘の帰りはだいたい午後5時前後で、私の場合は職場と自宅が至近距離のため、娘を1人に家に残しておくこともなくて済みます。(学校から歩いて1時間かかるため、同じ寮に住む6年生の子が帰るまで、友達と遊んで待っているようで、それが楽しいようです)娘が帰ってきてからは宿題をさせて、ご飯を作って一緒に食べて、寝かせるのですが、この時間はとても貴重です。なぜなら、日常生活においては娘と2人で過ごす機会はあまり多くないからです。

 ハワイにいたときには、幼稚園に朝、車で連れて行くのは私の役目だったので(家から職場の途中に幼稚園があり、時間帯もピッタリだった)、毎日15~20分は娘と2人で話す時間がありました。ちなみに、アメリカにいたときの娘は3歳から5歳でしたが、ものすごく自分の意志がハッキリしていて、アメリカの教育を受けるとこうなるのか、と驚いたものです。「No daddy!」(パパ、いや!)とか「I don't like that」(私、それ嫌い!)とよく言っていました。友達がよく言っていたのをマネしたのだとは思いますが。。。

 ところで私と2人でいるときは娘も結構、大変です。日頃は母親がやってくれることも全部自分でやらなければならないし、私の手伝いもそこそこしなければならないから、日頃の娘からすると、相当頑張ってやっていました。

 練成道場にいると、働いている時間は長いし、職場と家が近いので、1人でゆっくり物事を考える時間があまりありません。ですので、今回は1人で過ごす時間が多く、ここでの9ヶ月の生活を振り返ったり、自分の心を整えたり、本を読む時間を持つこともできました。

 1日には無事に家内が帰ってきてくれて、“非日常”の時間が終わり、ホッとしました。やっぱり妻がいてくれる家庭は暖かく、明るく、潤いがあります。が、それも“非日常”が教えてくれた日常のありがたさでもあります。娘もきっと、日常のありがたさを感じたのではないかと思います。

|

« 音浴博物館 | トップページ | 粋なサービス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

合掌ありがとうございます。お久しぶりでございます。福岡教区講師会の永田でございます。団参(5月)には本山に行く予定です。再会を楽しみにしています。再拝

投稿: 永田良造 | 2013/03/07 21:53

永田良造様
 いつもフェースブック等でコメントを拝見しています。お元気そうで何よりです。団参へのご参加、心からお待ちいたしております。
 永田会長は、英語もおやりになるのですね。

 阿部 哲也 拝

投稿: Tetsuya Abe | 2013/03/08 19:18

スクーリング中は、大変お世話になりました(^O^)
家族の協力なしでは、とても出来ない事です。
周りの学生さん達も、8割方同じような状況の方々でした。
遠方から、慣れないホテル暮らしで10日間連続でスクーリングを受講していた方は、
「結婚してから、こんなに家を空けたのは初めて。
家族はちゃんとやっているかな」
と少々ホームシック気味でした。
又、これから家族の夕食を作ると言って、夕方5時半の終了のチャイムと共に、ダッシュで駅の人混みに消えた方もいらっしゃいました。
色々な方々の様々な姿を通して、スクーリングの内容共々、大きな人生の勉強が出来ました。
それこそ、こんな貴重な時間を与えて下さった、神様と、家族の皆様に、心から感謝です。ありがとうございます。

投稿: Terumi Abe | 2013/03/12 14:13

勉強はいくつになっても楽しいものですね。
充実した時間を過ごされたようで良かったです。
こちらもかなり充実していましたよ。

投稿: Tetsuya Abe | 2013/03/12 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 音浴博物館 | トップページ | 粋なサービス »