« シンクロナイズな出来事 | トップページ | 新年度始まる »

曜日感覚

 生長の家本部に勤務していたときは、木曜日が定休日で、出張などの業務がない限りは毎週木曜日にお休みを頂いていましたが、ここ総本山では練成会等の行事がないときにお休みを頂くので、いわゆる「曜日感覚」が抜け落ちてしまうことが少なくありません。

 海軍では曜日感覚を失わないように毎週、金曜日を「カレーの日」にしているとのことですが、総本山にも曜日感覚を失わない「コツ」があります。総本山では早朝行事の際の神想観は、曜日毎に種類が決まっています。日曜日は「神を讃える神想観」、月曜日は「蓮華日宝王地観」、火曜日は「如意宝珠観」、水曜日は「浄円月観」……というように。つまり、神想観の種類によって曜日がわかるようになっているのです。なかなか格調高いですね。

 しかしそれは、練成会等の行事がないときです。一般練成中はやはり、「基本的神想観」が中心になりますので、時々「曜日感覚」が飛んでしまいます。

 さて、私はこれまで神想観の先導は、ほとんどが「基本的神想観」でしたので、各種神想観を先導する時には、唱える言葉をしっかりと覚えないといけないので事前準備は欠かせません。しかしそのおかげでこの7種類の神想観の唱える言葉を覚えることができました。

 ちなみに今日は金曜日でしたので、「四無量心を行ずる神想観」(新バージョン)の日でした。

 また、神想観の後の聖経や讃歌の読誦は、(1)『聖使命菩薩讃偈』『甘露の法雨』、(2)『聖使命菩薩讃偈』『甘露の法雨』『大自然讃歌』、(3)『聖使命菩薩讃偈』『観世音菩薩讃歌』の3パターンがあり、練成会のない日は日替わりで読誦しています。

 新しく出版された2つの経典『大自然讃歌』『観世音菩薩讃歌』は、顕斎殿で集団読誦を続けているうちに、『甘露の法雨』や『天使の言葉』と全く同じリズムで読めるようになりました。素晴らしい真理の言葉の響きが宇宙を浄めている、という実感が湧きます。

 今朝も『甘露の法雨』と『大自然讃歌』が顕斎殿一杯に鳴り響きました。

 阿部 哲也 拝

20130306_1

|

« シンクロナイズな出来事 | トップページ | 新年度始まる »

生長の家のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シンクロナイズな出来事 | トップページ | 新年度始まる »