幸せの指標

 チャリティーなど、人のためにお金を使う人は、自分のために使う人よりもより幸福を感じる――こんな研究結果が発表されたと、3月20日付のロイター通信は伝えています。

 研究に関わったブリティッシュ・コロンビア大学の心理学者、エリザベス・ダン(Elizabeth Dann)教授は、「収入の多寡にかかわらず、自分のためにお金を使う人はさほど幸せを感じないが、他のために使う人はとても幸せを感じる」(Regardless of how much income each person made, those who spent money on others reported greater happiness, while those who spent more on themselves did not," Dunn said in a statement.)と述べています。

 ダン教授のチームによると、3000ドルから8000ドルの利益配当金をもらった場合、多くもらったから幸せを感じるのではなく、そのお金をどのように使ったか、つまり他のために、慈善目的で使った場合、より多くの幸せを感じる、との結果が出たそうです。また同教授は別の対象者に5ドルから20ドルを渡し、半分の人には「他の人のために使うように」と指示をしておいたところ、その指示に従った人がより多く、幸せを感じた、ということです。つまり、金額の多寡と幸せの度合いは関係ない、ということです。

 以下、英語のサイトですが、興味のある方はどうぞ。
 http://news.yahoo.com/s/nm/20080320/us_nm/money_happiness_dc

「与えたらそれだけ幸せを感じる」――こういうことは宗教の世界では当たり前のことですが、それが多くの人に実験をしてそのデータを集めた結果、実証されたのはとても意義のあることだと思います。そして、科学が宗教的な真理を証明してくれた好例だと思います。

-TA

| | コメント (0)

敬語の5分類

 文部科学省の諮問機関である「文化審議会」(阿刀田高会長)で、2月2日、敬語の基本的な考え方や具体的な使い方を示す「敬語の指針」がまとめられ、文部科学大臣へ答申されました。

 私の職場には、外国籍の方が多く、日本語の敬語は彼らにとって“難敵”のようです。われわれ日本人にも難しいのですから当然です。「この電車にはご乗車できません」――も敬語としては正しくないそうです。(言われるまで分かりませんでした)以下、アサヒ・オンラインでご覧ください。

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200702030058.html

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200702020192.html

-TA

| | コメント (0)