最後の授業

 先日、Amazon.comから送られてきたお勧め図書で買おうかなぁと思っていた本を偶然にもカリフォルニアにお住まいの先輩marioさんから勧められたこともあり、"The Last Lecture" を読みました。実は、この本の内容があまりに重すぎると思い(重量ではありません…)、後から読もうと思ったのですが、なぜかどうしても読みたくなり、読み始めました。

 内容はアメリカのある大学のコンピュータサイエンスの、40代半ばというまだ若い教授が末期癌の宣告を受け、大学側からの依頼で「最後の授業」をした、というもの。教授の名は ランディ・パウシュ(Randy Pausche)と言います。

 パウシュ教授は2006年8月、転移性の膵臓癌と診断されましたが、精力的に治療を受け、癌を克服しようと努力を重ねます。翌年、これまで教壇に立っていたカーネギーメロン大学から「最後の授業」をして欲しいという依頼を受けます。その依頼を一度は受けた同教授でしたが、授業の約1か月前、癌は肝臓や脾臓にまで転移をしてしまい、余命3か月から半年との宣告を受けます。

 授業まであと1か月。残された命は3か月から半年。当時5歳、2歳、1歳の子供と奥さんの5人家族の同教授は授業を受けようか悩みます。残された期間、精一杯子ども達と思い出を作りたい、これから先どう生きていくのか夫婦で話し合い、生きた証を残すためにやりたいことは山ほどある、授業を行っている暇はない――このような思いが押し寄せる半面、最後の大仕事を引き受けたいという気持ちの狭間で悩みます。そして彼が出した結論は、授業を引き受けることでした。

 授業のタイトルは、『子供のころからの夢を本当に実現するために』("Really Achieving Your Childhood Dreams")。もちろん学生に講義をしているのですし、学生のためになる話ですが、実は、一番の目的はまだ幼い子供たちに向けたメッセージだったのです。人生の喜び、夢を描くことの素晴らしさとご自身がそれを実現するために何をしてきたのか、ご両親のこと、愛を生きること、人を尊重すること、それらを卓越した話術で、ユーモアも交えながら、軽快なリズムで紹介されていきます。

 この本によると、授業の前には化学療法の影響で体調がすぐれず、吐き気、激しい腹痛、下痢に襲われたそうです。しかしそれにもかかわらず、280枚以上あったパワーポイントのスライドをカッとしたり、構成を変えたり、または考え直したり、準備は前日の深夜にまで及び、翌朝起きたのは朝5時。午後4時の授業開始直前まで準備に準備を重ねられたようです。

 授業のときのパウシュ教授はとても病人とは思えない、いたって健康そうな姿で登場されています。この授業の様子はYoutubeにのり600万人以上が視聴、またABCニュースや、人気番組でも取り上げられ、それらも含めると2500万人以上が視聴したのだそうです。なおプロの翻訳家による日本語字幕版も出ていますので、興味のある方は下記のアドレスからどうぞ。

 http://jp.youtube.com/watch?v=nrFMRuB2lbA

 この本には授業の内容が主に書かれていますが、私が感動したのは最後に述べられている子供さん、奥さんへのメッセージでした。家族愛、人間愛、そして人としての尊厳に貫かれていて、涙が溢れてきました。

 なお、日本語版は6月19日に発売だそうです。タイトルは、『最後の授業 ぼくの命があるうちに』。

 いのちそのものがどんなに有り難いか、そしてそれを失うことはどういうことなのかを深く考えさせられました。

 しかし、惜しむらくは、彼が生長の家の教えを知り、永遠生き通しのいのちのハッキリと自覚しておられたら、ということです。私は彼の行動にけちを付ける気持ちは微塵もありませんが、実際、余命3か月から半年と宣告されてからも、約10か月間、生きておられます。治る可能性だってほんの僅かではあってもあると思うのです。

 同教授のHPでは、毎日ではありませんが、教授の近況等が更新されていて、6月10日付の報告にはブッシュ大統領からの手紙が添付されていました。

-TA

※同教授は2008年7月25日、膵臓癌のため逝去されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (4)

結婚11周年

 この木曜日(5日)は、結婚11周年の記念日でした。去年は引っ越し、新しい仕事、環境に慣れることに精一杯で10周年だった記念日はどこかに飛んでしまいましたが、今年は割合、ゆったりと迎えることができました。

 当たり前のことですが別の人と結婚していたら、私自身も全く違った人生になっているのだと思います。日本とは別世界で、私自身にも色々な事が起こりましたが、妻の立場では私が想像できないような思いをし、そして自分自身に折り合いをつけながら、明るく、人の役に立てるようにと願いながら、小さい子を抱えながら一所懸命前向きに生きている姿は大変素晴らしく、とても感謝しています。

 また、大人が笑って話している側で一緒になって笑っている子供の顔を見ると、選んで生まれてきてくれたこ、そして、縁があって家族になることの神秘を思わずにはいられません。

 ところで最近、若くしてマイクロソフトの要職を辞し、途上国の子ども達のために学校や図書館を寄贈する運動を行っている非営利団体「Room to Read」の創設者、ジョンウッド(John Wood)さんが書かれた『Leaving Microsoft to Change the Wordl』(邦題、『マイクロソフトで出会えなかった転職』)を読みました。

 ハワイには(正確にはオアフ島かも…)残念なことに日本語の本屋さんがありません。全くないことはないのですが、ブックオフがアラモアナセンターにあるのと、雑誌や漫画、そしてほんの少しの文庫本を扱っている小さな書店はありますが、色々な方に聞いた情報を統合すると、日本語の書籍を扱っているいわゆる“書店”はないみたいなのです。それで欲しい本はアマゾンコムで日本の自宅に取り寄せておいて、義父がこちらに来るときとか、家内が一時帰国したときに持ってきたもらうかするのですが、しかしそれでも持ってきてもらう本には限界があります。それでこの事態は、「英語の本をなるべく読め」という天命ではなかろうかという気がしてきました。

 しかし英語の本を読むのにはとにかく時間がかかります。全く辞書を使わないと理解出来ない部分がでてきて筋を追うのにかえって時間がかかったりするし、辞書を引きすぎるとペースが乱れて読むスピードが落ち、読む気力が失せ、興味も失せ、いつのまにか積読状態……と失敗した経験は数知れず。かつて、NHKビジネス英会話の講師で、日本の英語教育における重鎮の1人、杉田敏氏の「辞書で引く単語は最低限に」がアドバイスされていたのを今度こそは忠実に守るべくチャレンジしました。

 ノンフィクションの力強さと彼の信念、そして寄贈された本が届いたときの子ども達の感動、そして学校の先生方の喜び、子ども達の勉強に対する情熱と他に頼るまいとする自立心、献金をする人々の思いなどが文章から滲み出ていて、わりあいペース良く読み進めることが出来ました。

 John氏が最も力を入れているのは女の子への教育です。女の子に教育は必要ない――今日の日本では想像すらできませんがかつては日本でも考えられていたこの間違った固定観念が、とりわけ教育を受けていない両親に育てられた途上国の子供たちの上にのしかかり、それが貧困に繋がりと、悪循環が続いてしまっている現状に、胸が詰まりそうになります。

 少しでも途上国の人々のお役に立てればと、結婚して1、2年が経った頃、途上国の支援をしている『プラン・ジャパン』(当時は『フォスター・プラン』だった)のことを知り、財政支援ではありますが、支援が生かされている証として、途上国のある家庭と通信をし合うことができるという制度が気に入り、今も続けています。私が通信しているのはホンジュラスの家庭の子です。もう10歳ぐらいになったでしょうか。

 そんなこともあって、Johnさんの活動が貧困の連鎖を解消するための素晴らしい突破口になることを心から願っています。しかし――と考えてしまいます。彼の活動は本当に素晴らしいですし、心から応援したいと思いますが、やはりそれも現在の所は大海の一滴のようであり、長い道のりを歩まれているのだと思います。

 私の現在の仕事、そして活動がどれほど世界の人々の役に立っているのか、目に見える形ではなかなか分かりませんが、「正しい人間観」「正しい世界観」の確立なしに、このような問題が解決されることはないのだと思います。

 目の前に与えられた仕事、使命を大切に、一日、一日を大切に、そして自らの生活が神のみ心に恥じない生き方をしているかを問いながら、生きていきたいと思います。

-TA

| | コメント (3)

佐賀のがばいばあちゃん

 漫才コンビB&Bの島田洋七さんの話題作、『佐賀のがばいばあちゃん』を読みました。沢山の人が色々なところで感想をコメントされているので、今さら何かを書くのは少し気が引けますが、皆さんがおっしゃるとおり、爽やかな感動に浸ることができました。

 内容もさることながら文章もリアリティに富み、おばあちゃんの人柄、周りの人たちの温かさ、島田さんの素直さもそのまま表現されていて、古き良き日本の原風景が思い浮かびます。私はこの本をぜひ、日本語が読める non-Japanese にも読んで頂きたいと思い、英語のブログでも紹介しました。興味のアル方はどうぞ。(こなれない表現、誤訳等ありましたらどなたか教えてください)
http://make-peace-by-faith.blogspot.com/2007/02/awesome-grandma-of-saga.html

 この本のなかに爆笑を誘う“金言”がいくつもありますが、

 「貧乏には2種類ある。暗い貧乏と明るい貧乏」
 「うちは単なる貧乏じゃない。先祖代々の筋金入りの貧乏だ。自信を持て!」

 すばらしい発想だと思います。なお、島田さんのHPには、この本を読んで自殺を思いとどまった老年の男性も投書をされていました。なおこの本は中国語にも訳されていて、シリーズ累計285万部(2006年12月現在)というのもうなずけます。

-TA

| | コメント (2)

日時計日記

 昨年発売された『日時計日記』(宗教法人「生長の家」発行)を、今年から夫婦で使い始めています。日時計とは、太陽が出ているときのみに時刻を知ることができる時計で、生長の家創始者・谷口雅春先生が「物事の明るい面を見よう」と提唱されている中で使われている言葉です。
「物事の明るい面を見る」べきとは知っていても、実行するとなるとなかなか思うようにいかないものですが、1日の終わりに静かにその日を振り返り、良かったこと、感謝すること、環境に配慮したこと、希望などを書き出すことは精神衛生上も、毎日の生活を充実させるためにも非常に良いやり方だなぁと改めて思いました。
 この日記は昨年10月に発売されて以来、既に4版だそうで、3万部以上も頒布されているとか。ぜひ、12月31日まで書き込めるようがんばりたいと思います。

 日時計ってこんなイメージです。クリックしてみて下さい。
 http://www.arachina.com/photos/cityphotos_b.asp?id=104

| | コメント (0)