「主体者」の自覚について

 私はipodにダウンロードした、アメリカのABC テレビのWORLD NEWS を見ることを日課にしています。この番組はipod用に無料で提供されていて、月曜日から金曜日の週5日間、1日20分ほどにコンパクトに世界のニュースがまとめられと思うので(主にアメリカの視点だと思いますが)、毎日見ています。たとえ同じ内容のニュースであっても、日本の番組とは視点が違うのが面白いです。

 ここ最近は、当然のことながらエジプトのタハリール広場を中心に繰り広げられたデモ、そしてムバラク大統領の辞任、その後の様子がレポートされていますが、大統領が辞任する少し前の日の番組で、あるエジプトの若者が、「これまではエジプト人であることが恥ずかしかった。エジプトのパスポートを持っているのは恥をかいているようなものだ。しかし、今は違う。エジプト人であることに誇りを持っている」というようなことを言っているが印象的でした。

 その同じ日に、トーマス・フリードマン(Thoms Friedman)という『The New York Times』のコラムニストが、同紙に書いていたコラムにも同じ事がでていました。それは、彼が取材したエジプト人は、「これまではエジプトは自国でありながら、借りてきた国のようだった。しかし今は違う。わが国になったのだ」というのです。

 フリードマン氏は、街角で手袋をはめて、大きなゴミ袋を持った若者に出会ったそうで、その若者たちは熱心にお掃除をしていました。それでその中の23歳の若者に「どうしてお掃除をするのか?」と聞いたのです。すると、「ここは私の地球だ。私の国だ。私の家だ。ムバラクが出て行くから私はここをきれいにするのだ」。

 フリードマンさんはよく、「レンタカーを掃除する人はいない」というたとえを使うそうですが、それと同じように“借りものの国”を掃除する人はいない、と言います。そして20世紀までのアラブ諸国は、王や独裁者、植民地の支配者によって支配されていた、借り物の国だった。しかし、主権を取り戻したことで、わが国になった、その意識が、国に対する愛を生み、国をよくしよう、という気持ちになるのだ、ということを述べています。

 私はこれを読んで、何事をするのにも自分がしているという、「主体者の自覚」を持つことが大切だと思いました。させられていると思うと意欲が湧かず、実力も出てきませんが、同じするにしても「自らがやっている」と思えば楽しく、結果を出すことができるのですから。

 しかし現実には、エジプトの政治はそう簡単にはいきそうもありません。今後、良い方向に民主主義が根付くよう祈っています。

 ちなみに、フリードマンさんのコラムの原文は下記のアドレスにあります:

 http://www.nytimes.com/2011/02/11/opinion/11friedman.html

 阿部 哲也

| | コメント (0)

大統領と演説

 オバマ氏の圧勝で終了した大統領選挙から1週間が経ちました。この選挙でオバマ氏が大統領になることは間違いありませんが、同氏が正式に大統領に選ばれたわけではありません。正確には大統領選挙を行う「選挙人」が選ばれたことになります。が、その選挙人が誰に投票するかは一般投票の結果に従うことが義務づけられていますので、後は形式的な手続きを経て、来年1月20日、オバマ氏が大統領に就任します。こちらの新聞ではオバマ氏のことを「President-elect Obama」と表現されています。

 オバマ氏が正式に時期大統領に決まるのは、12月15日に各州で行われる選挙人による投票後なのですが、オバマ氏に万が一のことがあった場合、正式に時期大統領に決まる前と後では対応が違うのだそうです。6日付の『産経新聞』のオンライン版によると、「共和党と民主党のそれぞれの党規約の規定により、全国委員会の臨時会議などを開催し、新大統領候補と副大統領候補を決定する」のだそうです。そして12月15日以降に万が一のことがあった場合、副大統領候補、すなわちバイデン氏が大統領に就任することになるのだそうです。詳しくは下記からどうぞ。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081106-00000506-san-int

 先日の勝利演説をはじめ、オバマ氏の演説は多くの人々の心を揺り動かし、ケネディの再来とも評されています。アメリカ人は自己を表現する能力を小さい頃から磨いていますし、それが上手であることはを美徳とするため、演説が上手かどうかはリーダーの資質として、とても重要視されます。歴代の大統領の演説が演説のお手本とされるのも頷けます。それに比べると、日本の首相が、演説の得意、不得意で当選が左右されるなんてことは全くと言って良いほどありません。国際社会における日本の発言力が今一つ(二つか三つ?)な理由の一つは、政治家をはじめ各分野を代表する人たちの中で、気持ちを込めて英語でプレゼンテーションをできる人が極めて少ない、ということがあげられると思います。だって英語が母国語じゃないんだから所詮不利じゃないか――もちろんその通りですし、そう言ってしまえばそれまでですが、国際社会で最も影響力があり、最も使用されるのが英語である現状においてそれを嘆いていたのがこれまでの日本だったと思います。であれば、プレゼンテーションの練習をすれば良いと思うのです。少なくとも政治家になるような優秀な頭の持ち主であれば少なくとも英語を書いて読めるはずですから、ちゃんと英語のプロが翻訳してくれた原稿を、発音練習をして、感情が込められるまで練習すれば、他の国の人々にものすごいアピールになると、私は思います。

 ちなみに先日の国連での麻生総理大臣の演説中、ハプニングがありました。麻生総理が話している日本語が4分間にわたって英語に通訳されなかったのです。それを演説中に知らされた総理はとっさに英語で、「This machine must not be made in Japan」(この通りおっしゃったかは定かではありませんが)などとジョークを飛ばされ、会場の笑いを誘っていました。(みんなちゃんと受けていました)麻生総理なら全部英語で演説出来るのではないかと思います。総理、次回は挑戦されてはいかがでしょうか?

 さて、オバマ氏の就任演説に興味津々なのは私だけではないと思います。今からとても楽しみです。ちなみにこれまでの就任演説で最も短かったのはジョージワシントンの2期目でたったの2分、逆に最も長かったのは、第九代大統領のウィリアム・H・ハリソンが行った、1時間40分に及ぶ演説だそうです。しかし当時68歳の同大統領は厳寒の中でオーバーも着ずにそれだけ長時間にわたって演説をしたため、風邪をこじらせて肺炎となり、就任からわずか1か月で亡くなったそうです。演説が遺言のようになってしまうなんて、なんて気の毒な大統領……。詳しい記事は下記からどうぞ。

 http://www.jiji.com/jc/v?p=presidential-election08_0701

-TA

| | コメント (0)

ロウソクの火で勉強

 二宮金次郎を連想させるタイトルですが、共同通信から配信された記事で、仏事で使ったロウソクを回収し、それをアフガニスタンに送り、子ども達が夜に勉強をしたり、夕食の際に使ったりされている記事がありました。共同通信の記事なので日本語があるかと思って探しましたがうまく見つかりませんでした。

 記事によると、お葬式や法事などで使われるロウソクは全体の10~20%。そして後は捨ててしまいます。確かに、お葬式などで使い掛けのロウソクを使うのは何となく気が引けるのも理解できるのですが、日本で使われているものはとてもしっかりした物で、長さも14~26センチと長く、使い勝手があるそうです。これまで送られたローソクの合計は32,534本で、アフガンの子ども達はとても喜んで感謝している、と記事は伝えています。

 こういう記事を読む度に、「勉強がきらいだ!」という先進国の子ども達に、勉強ができることはどんなに恵まれていることで、世界の子ども達の中にはそれが決して当たり前ではない子たちが沢山いるんだよ、と繰り返し話してあげたい気持ちになります。

 以前、東京の中学生を対象とした生長の家のセミナーに派遣講師として伺った際、勉強したいがために、1日にわずかなパンしか食べずに我慢して筆記用具を買っていること書かれている、中国の女の子の日記を紹介したら、全員が水を打ったように真剣に聞いてくれたのを思い出しました。色々なことを知ることは、人生の幅を広げる手がかりになるものだと思います。

 英文の記事ですが、以下、全文です。
 http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20080320f2.html

-TA

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

| | コメント (0)

ハワイはオバマ氏が圧勝

 火曜日、当地ハワイで民主党候補指名に向けた党員集会が行われ、オバマ氏が圧勝しました。地元紙『ホノルルアドバタイザー』(Honolulu Advertiser)によると、オバマ氏の得票率は76%で、クリントン氏は24%。20人の代議士のうち14人がオバマ氏が獲得したことになります。同紙によると、ハワイの民主党員集会としては歴史的な、例年の7倍もの人が投票に詰めかけ、投票所では1時間も列を待たされて投票されていたことが地元のラジオで報じられていました。また同紙によると、同党は投票用紙を17,000枚しか用意していなかったそうですが、実際に投票した人は、37,182人。関係者がノートを破ったりして即興で用紙を作ったのだそうです。とにかく関心の高さに驚かされます。

 前回の書き込みで、カリフォルニア州にお住まいの mario 先生から、「『ホノルル―』紙はどちらの候補を支援しているのですか?」という質問がありました。アメリカの新聞では日本と違って、明確に支持を明かにすることが多いのだそうです。

 私が読んでいる限りでは、同紙では両候補ともまんべんなく報道されている感じがしたので、「中立です」とお答えしましたが、一応念のため、当教区の幹事長に聞いてみました。

 すると、「中立だと思います」との答えはそこそこに、自分の考えを述べ始めました。誰も「あなたはどちらを応援しているのですか?」とは尋ねていないのですが……。彼の支持はクリントン候補だそうで、オバマ氏はクリントン氏のもとで副大統領をして経験を積んでから大統領になってほしいのだとか。

 今後、オバマ旋風が吹き荒れそうなハワイですが、政治の話は大っぴらにしない方が良さそうだと思いました。

-TA

| | コメント (0)

米大統領選挙

 民主党の候補者指名レースが歴史的な接戦を繰り広げている今日このごろ、ハワイにおける民主党の党員集会(共和党も)が今週の火曜日に迫り、大変盛り上っています。昨日、今日のローカル紙『ホノルル・アドバタイザー』(Honolulu Advertiser)の一面には、民主党候補のクリントン氏、オバマ氏に関する記事が踊っています。

 新聞の報道によると、民主党のハワイ州党員集会で決まる代議員の数は20人で、指名に必要な2025人の1%しかないため、これまで注目されることはなかったのだそうです。ところが、クリントン、オバマ両氏が獲得した代議員数が僅差であるため、20人といえども無視できない数字になっているようです。

 ご存知のようにオバマ氏はハワイ生まれ、一時期インドネシアで過ごしたのを除き、高校までをハワイで過ごしており、祖母や異父兄弟が当地にいるなど、ハワイとの結びつきが大変強いのです。そして、「様々な文化が行き交うハワイで育った経験は、私の政治的なものの見方に大きな影響を与えてくれている」(his experiences growing up among different cultures in Hawai'i helped inspire his political views.)「ハワイの仲間がホワイトハウス入りする史上初の機会」(This is the first opportunity in history for the people of Hawai'i to have somebody in the Oval Office who is one of their own.)と述べています。

 その他オバマ氏はホノルルの公共交通機関のために連邦政府の資金を投入することに前向きであり(Obama also supports federal funding for a Honolulu mass-transit system.)、「大統領になったらそれを強調していきたい」("I've always been a big mass-transit supporter. It's something that I intend to emphasize when I am president")と述べるとともに、環境問題についても触れています。

 しかしそれに負けじと、クリントン陣営では同氏の娘、チェルシーさんがハワイ入りし、母親の応援演説、ラリーに参加するなどして士気を盛り上げようと躍起になっています。同紙によると、集会の参加者から、母であるヒラリー氏の政策について様々な質問を受けたチェルシーさんは見事にそれをさばき(the 27-year-old deftly fielded questions on her mother's views on ....)、非凡な政治的な能力を見せたようです。その落ち着いた受け答えを見たある参加者が「両親の後を継いで政界に進出するつもりはないか」と質問したそうです(What some called Chelsea Clinton's poise and articulate answers prompted one person to ask her whether she planned to follow in her parents' footsteps and go into politics.)。

 チェルシーさんの答えは、「政治における私の願いは、母を大統領にするために出来る限りの事は何でもすること」(My political aspirations stretch to try to do everything I can to have my mom be my president)。そして、「私は母を信じるわ。この世で私が信じることができて、愛する、そして信頼できる人はほかにいないわ」(I believe in my mom, there's no one in the world that I believe in more and I love more and I trust more.)。かなりしっかりした受け答えと、感心してしまいました。

 大統領が選出される複雑なシステムの全貌がまだ充分理解できないのですが、身近なところで熱戦が続いているので、興味深く見ています。

 現在の私の心境としては、環境保全の側面で具体策を出していて、ハワイ出身、そして、同じような世代であるオバマ氏に少々傾いている感じです。

 ところで、パソコンで「オバマシ」と変換すると、最初の頃は「小浜市」が出てきました。その「小浜市」(福井県)はオバマ氏と同音同義語であるということで、オバマ人気にあやかるため、地元雄志30人が「オバマ候補を勝手に応援する会」を立ち上げ、同氏に必勝だるまを送る計画なのだとか。運転中に何気なくラジオ放送、NPR(National Public Radio、アメリカの公共ラジオ放送)を聞いていたら、このことがニュースになっていて、面白いなぁと思って聞いていました。次のアドレスに詳しい情報が載っています。http://www.asahi.com/national/update/0215/OSK200802150054.html また、AP通信も写真入りで詳しく伝えていました。

-TA

| | コメント (2)