環境教育研修会でC.W.ニコル氏が講演(3)

 当日は、アファンの森財団の許可を得て、講演の前にアファンの森を設立された経緯が分かるビデオを参加者全員で見ました。

 http://bit.ly/il4AT8

 研修会は、環境責任者(戸島幹雄・総務部長)の挨拶に続き、生長の家本部事務所のISOプロジェクトチームの中の、「赤坂境内地清掃グループ」と「森に学ぶグループ」による発表がありました。赤坂境内地とは赤坂にある、生長の家の発展を祈念してお祀りされたた、稲荷神社がある境内地です。「同グループ」の発表は、末一稲荷神社の由来などを説明した語、清掃活動の報告を行いました。また、「森に学ぶグループ」は、本部の職員が自然から学ぶことを目的とした研修の様子を発表しました。具体的には、これまでISOプロジェクトチームメンバーを対象にして2回、富士河口湖町にある天上山で研修が行われた様子を、画像、映像を交えて報告。自然との関わりを学ぶ研修や、間伐や、薪割りなどの実地研修の様子、参加者の感想等の発表が行われました。両グループの発表も、とても素晴らしい内容でした。

 その後壇上に立たれたC.W.ニコルさんは、長野のご自宅を出るときには大雪が積もっていたのに、新幹線で数十分も走れば東京に出られること、流氷と珊瑚礁が同じ国の中にあることなどに触れて日本の風土の多様性を賛嘆されました。その後、ご自身の生い立ち、日本人になった経緯、「アファンの森」を設立したことについて、多くのユーモアを交えながら、お話になりました。私は司会をしていたので、ニコルさんのすぐ側で拝聴することができましたが、ニコルさんの全身から、人、動物、自然に対する愛情が伝わってきました。

 またニコルさんはホールに入ってきたときに国旗に対して一礼、またホールを出られるときにも国旗に一礼をして出ていかれたのもとても印象的でした。

 私は3年間、外国(ハワイ)に住んでいたことがありますが、そのときほど自分が日本人であり、日本という国と強く結びついていることを感じずにはおられなかったことはありません。ニコルさんは国籍を変えてまで日本を愛し、その愛を思いに、言葉に、行動で表しておられます。愛するというのは、嫌なところを無視したり、批判して終わり、というのではありません。愛するがゆえに、日本の社会に対して批判をされることがありますが、それは日本を、日本人を、そして日本の自然を愛してやまないニコルさんの深い、切実な愛情を感じるのです。

 私には自分の祖国よりもよいと思える国はありません。だからニコルさんが祖国ではない、他の国の市民になることを選択したのにはどういう思いがあったのか、想像するほかはありません。ただそれは、並大抵の決断ではないと思うのです。それまでして選んだ国に対して敬意を払い、それを行動で示す――ニコルさんの日の丸に対する敬礼を間近で拝見し、様々な思いが去来して行きました。

 この度の研修会においては、森の大切さ、素晴らしさ、一人の人の熱い思いと、強固な意志、そしてそれを実現させる実行力など、学ぶことが数多くありました。貴重な機会を与えていただいたことに心から感謝しています。ありがとうございます。

 C.W.ニコル「アファンの森財団」のサイトはこちらから。http://www.afan.or.jp/

 阿部 哲也

| | コメント (2)

環境教育研修会でC.W.ニコル氏が講演(2)

 今日は東京・赤坂にある生長の家の末一稲荷神社で「初午祭」が執り行われ、運営委員として参列しました。その後、北海道の函館に飛び、先ほどチェックインをしました。井下・函館教区教化部長が迎えに来て下さり、美味しいシーフードのスープカレーを頂きました。香辛料が効いていて、体の中から温まりました。写真を取れば良かったです。。。

 ところで、表題の研修会を迎えるまでに、色々とC.W.ニコルさんの書かれた本を読んだり、サイトを拝読したりして、以下のようなことを事前に調べました。

 C.W.ニコルさんは、1940年、イギリスのウェールズに生まれ、なかなか厳しい環境の中で育ったようです。軍人さんだった実の父親は、先の大戦で日本陸軍によって殺され、小さい頃から大変な境遇の中で育ったようで、その中で自然や、動物、植物と触れあうことが癒しとなったとのことです。

 ニコルさんが日本に来たのは今からちょうど50年前、22歳のときです。そのときに、自然と文明が共存していたことに感激したそうです。山に入れば、イギリスではすでに絶滅してしまった野生の熊やイノシシに出会うことができ(熊がいる山は、生態系が豊かなのだそうです)、小川でサンショウウオを見たときには、動物園から逃げ出したのかと思った、と述べています。

 ところが1980年代に入って山の開発が次々に起こり、心を痛めていたところに、ご自身の故郷のウェールズから手紙が届きました。南ウェールズでは石炭産業で荒れ果てた土地を緑に回復しようという努力が実り、森が再生します。その森は「アファン森林公園」と名付けられました。アファンとは、ケルトの言葉で「風の通る谷」という意味だそうです。

 それを知ったニコルさんは、大好きな日本のために、森を再生させたいとの思いから、長野県の黒姫というところに土地を買い、森を再生させ、それを「アファンの森」と名付けます。

 ニコルさんが農地として使えなくなって放置されていた土地を購入してから27年が経つそうですが、2010年度までの調査によると、植物:約500種、哺乳類:約15種、鳥類:約83種、菌類:約350、トンボ類:これまでに確認できた種類は39種、両生類:15種が生息しており、年々増えているそうです。

 ニコルさんは、『アファンの森』を通じて日本の森の再生力に感動しました、と述べています。また、日本の森は、生物の多様性がとても豊かで、気候変動が激しくなるこれからの地球に訪れる変化に立ち向かうには、さまざまな生物が協力し合う必要があるので、多様性が大切だといいます。(続く)

 阿部 哲也

| | コメント (0)

環境教育研修会でC.W.ニコル氏が講演

 今日は東京・原宿にある生長の家本部事務所で職員を対象とした環境教育研修会が開催されました。今回の講師は「アファンの森財団」理事長のC.W.ニコルさんです。ニコルさんは、講演のほか、DVDを使って「アファンの森」の様子を紹介されたり、参加者から寄せられた質問にも丁寧に答えてくださいました。私は、この研修会のスタッフの1人として準備、運営に携わり、当日は司会を務めさせていただきました。

 同事務所では2001年に環境マネジメントシステムの国際基準であるISO14001を取得して以来、環境に配慮した様々な取り組みを実施しています。その中の一つに、本部事務所内の各部課からISOプロジェクトチームメンバーを選出し、そのメンバーが事務所全体のISOの諸活動についてイニシアチブを取ることになっています。そのプロジェクトチームはさらにいくつかのグループに分かれて活動しています。例えば、赤坂にある境内地の清掃活動グループ、本部周辺の清掃活動グループ、森に学ぶグループ(後でご紹介します)などがあります。私はこの4月から同チームのメンバーとなり、環境教育研修会のグループの所属となり、そこのリーダーということになりました。

 環境教育研修会は、本部事務所の「環境マネジメントマニュアル」に職員の環境意識を高めるための研修会を1年に1回開催する、と定められていることに基づいて行われるものです。昨年は、岐阜県にあるオークビレッジの稲本正・代表にお越しいただき、森に関する魅力溢れる研修が行われました。

 それで環境教育研修会グループでは、昨年の6月頃から講師の検討をグループの皆さんと始めました。今回、プロジェクトチームの会議に提案するにあたって、色々な方を候補としてあげて検討しましたが、あと1年ほどで森に行くという時期でもあり、昨年、オークビレッジの稲本正さんに来て頂いたことから、今年も引き続いて「森」について深い造詣のある方が良い、ということになりました。その中でも、谷口雅宣・生長の家総裁が開設されている旧ブログ『小閑雑感』で2回にわたって(2011年3月22日:“森の3人組”に期待する、2011年5月5日「めんどくさい」が世界を救う)紹介されているのを拝読して、多くのメンバーが、C.W.ニコルさんを候補としてあげたほか、お2人の候補を提案しました。

 その後、色々な話し合いが行われ、最終的には本部事務所の最高環境責任者の承認を得て、C.W.ニコルさんにお越し頂くことなりました。(続く)

| | コメント (0)

アメリカのCO2排出量は4年間で7%の減少

 11月2日付のアース・ポリシー研究所(Earth Policy Institute)からオンラインで配信されたニュースレターによると、この4年間でアメリカの二酸化炭素排出量は7%減少したそうです。2007年から2011年の4年間で石炭火力による二酸化炭素排出量は10%減少、石油火力による排出量は11%減少、天然ガスによる利用は6%増加、差し引きして全体としては7%の減少だそうです。

 アメリカでは依然として石炭火力による発電が全体の発電量の半分を占めているそうですから(日本は約4分の1)、石炭による発電が減少することは、二酸化炭素排出の削減には追い風です。

 同ニュースレターによると、石炭火力発電所の反対運動が盛んに行われたこと(新規建設の反対運動が積極的に行われ、現存する石炭火力発電所のいくつかが閉鎖された)、それに伴って石油の使用が減少したこと(石炭の輸送が必要なくなるため)、経済不況の影響などで車の利用や保有台数が減ったこと、車の燃費が向上したこと、今の若い人は車への関心が以前の若者よりも薄いことなどが、アメリカにおけるCO2排出量が減少した原因として挙げられています。

 私が同記事の中でとても驚いたことが2つあります。一つは、アメリカにおいて石炭火力発電所に関することで亡くなる人の数は1年間で13,200人、この数字は過去10年間におけるアフガニスタンとイラクでの戦死者の合計を上回る、との事実でした。これは社会が化石燃料から自然エネルギーへ移行することで、人の命をも救うことができる、ということを有力に物語っていると思います。もう一つは、ハーバード大学の教授の試算によると、風力発電で作られた電力で車を動かした場合、1リットルあたり約17円のガソリンを使うのと同じ値段で動かせる、ということです。

 自然エネルギーの利用も急速に増えているようです。例えば、この4年間で400もの風力発電所――合計で2万7千メガワットの発電容量――が利用可能となり、800万世帯分に供給できる発電量で、さらにおよそ30万メガワット分の発電が計画されているそうです。

 そして、次のような勇気づけられる言葉で結ばれています。

 2007年にCO2排出量がピークを記録して以来、現在は7%の削減を実現していますが、2020年までに20%、あるいはもしかしたら30%にまで削減幅が拡大する可能性もあると我々は予測しています。もしそうであれば、アメリカは二酸化炭素の排出量削減と気候を安定させるという点において、世界のリーダーとなることができるのです。(拙訳)
(原文:We are now looking at a situation where the 7 percent decline in carbon emissions since the 2007 peak could expand to 20 percent by 2020, and possibly even to 30 percent. If so, the United States could become a world leader in cutting carbon emissions and stabilizing climate. )

 英語の記事の全文はこちらです。http://bit.ly/ulvYPA

 阿部 哲也

| | コメント (4)

電気自動車に試乗

 少し前のことになりますが、去る6月24日、初めて電気自動車を運転しました。

 生長の家では、谷口雅宣総裁の指導のもと、10年以上も前から、化石燃料から自然エネルギーにベースをおいた、持続可能な社会社会への移行を実現すべく、様々な側面において環境に配慮した生活実践をすべく努力を続けていますが、その中の一つとして、電気自動車の普及促進があります。

 とは言っても、個人が購入するには充電設備等を含めるとまだ手が出ない値段ですので、まずは本部事務所他、いくつかの事務所で購入して、職員が利用しています。それで、2001年にISO14001の認証を取得し、今も更新を続けている本部事務所全体の今年の取り組みとして、各部署毎に電気自動車に試乗して、充電をするという体験を通して、電気自動車の素晴らしさを伝えるということを盛り込みました。

 それで私が所属する教化・講師部講師課では去る6月12日に施設課の担当者の方から電気自動車の説明を受け、実際に試乗しました。ただ、そのときは運転はしませんでしたので、6月24日、生長の家が提供するラジオ放送「幸福への出発」の録音に立ち会うため、赤坂にある世界聖典普及協会のスタジオに行く際、いつも運転してくれる方にお願いして、運転させてもらいました。

 私が運転したのは三菱自動車のアイミーブです。アイミーブのウェブサイトはこちらです。

 車の大きさとしては軽自動車ほどですが、馬力は1,000CCぐらいの普通車ぐらいはあるのではないか、と感じました。男4人で乗りましたので、アクセルを結構踏み込む場面もありましたが、全体としては非常にスムースに進んでいく感じがしました。

 ガソリン車との大きな違いは、スイッチの部分です。鍵を差し込むのではなく、電化製品のスイッチを入れる、という感覚です。ボタンを押すのではありませんが、スイッチをしばらく捻っていると電気が入りました。後は同じです。ただし、音はとても静かで、乗り心地はとても良いです。

 アイミーブの走行距離はフル充電した後で120kmだそうで、後、何km走るかということが表示されるのですが、エアコンを付けるとその数字が一気に減ります。私が見たときには20kmぐらい減ったと思います。無闇にエアコンを付ける気にはなりませんでした。

 充電は、急速充電装置と通常の充電装置が本部事務所に設置されていますが、写真に写っているのは通常の充電器です。急速の方は慣れるまでに少し時間がかかりそうですが、通常のものは、感覚的にはコンセントを入れるのと同じ要領でした。


 現在、JAF(社団法人日本自動車連盟)は全国3箇所に急速充電装置を設置したほか、日産自動車と共同で、電池切れした立ち往生している車を救援する実証実験を開始したそうです。

 ちなみに私が住んでいるさいたま市では、市役所に充電装置が設置されていて、「素晴らしい!」と思いました。

 阿部 哲也

P1010784

P1010798

P1010820

P1010841


| | コメント (0)

「エコ」なエレベータの使い方

 私の職場である生長の家本部、教化・講師部講師課では、毎月月末に行われる課内会議において、職員の環境に対する意識向上のための勉強会を開催しています。担当講師は9人の課員が1人ずつ順番で担当することになっていて、今月は課長補佐の本間勝さんが担当しました

 今回、本間さんが紹介されたのは、北見工業大学の学生が研究した、効率的なエレベータの乗り方についてでした。私がとても興味を引かれたのは、一度に乗る人数の違い、あるいは一度に移動する階数の違いによる、エレベータの電力消費量(およびCO2排出量)の変化です。同大学の環境保全学生委員会のウェブサイト(http://kiteco.web.fc2.com/index.files/Page1482.html)には、エレベータの仕組みの図とともに、下記のデータが乗っていました。

                平均消費電力 平均CO2排出量
                   (kw)        (g)
 1. 満員(750kg)1F→7F   149.8        21.6
 2. 満員(同)  7F→1F    12.4          1.8
 3. 4割(300kg) 1F→7F    20.8          3.0
 4. 4割(同)   7F→1F    45.8          6.6
 5. 空  (0 kg) 1F→7F    11.5          1.7
 6. 空  (同)   7F→1F   133.1         19.1

 この表で驚いたのは、1.の満員時、1階から7階に昇るときの電力消費量と、6.の空の状態で、7階から1階に降りる際の電力消費量がほぼ同じ、ということです。最初これは何かの間違いだと思いましたが、前述のウェブサイトにはエレベータの構造の図が載っているのですが、どうやら軽いものを下ろす際には、おもりをあげる動力が大きいため、電力が必要なようです。分かったような分からぬような。。。

 あと面白いと思ったのは、1階から7階に上がる際、4割を乗せているとき(3)の電気使用量が、満員のとき(1)と比べると7分の1ですむということです。

 ということで結論は、上りは少人数で利用する、上の階から「空のエレベータ」を呼ぶことを控える、ということがエレベータの「エコ」な利用法のようです。

 今の生活ですぐにできることは、5階から下におりるときには(事務所が5階ですので)人が多くないときを除いてはエレベータを使わない、ということです。こういうことは知っていれば、少なくとも意識をするので、有り難いデータだと思います。

 阿部 哲也

 

| | コメント (4)

「寒い夏」

 7月27日付の『朝日新聞』の朝刊に、冷えに悩んでいる「寒い夏」に恐怖する人たちのことが書いてありました。

 ・あるオフィスに勤める女性(34)は、クーラーがあまりに強くて寒くてたまらず、ひざ掛けなどで自衛しても体がだるくなり指の関節が痛み、病院にいくほど体調不良に。ある席で温度を測ったら23度だった。以前に勤めていた会社で同年代の女性が夏でも足元に電気ストーブを置いて寒さをしのいでいたのを見たことがある。

 ・都内の居酒屋に勤める女性(45)は、以前の男性店長が寒がりで、クーラーの設定温度を19度にしてしまう。制服の下に肌着3枚とトレーナー、下はスパッツ3枚とジャージーを重ね着し、もこもこになって働いたが、長時間過ごしていると頭が痛くなり、めまいがした。

 いずれも、「寒い夏」に関する、とんでもない話だと思います。

 私はクーラーがあまり好きではなく、高校生の頃に通っていた塾でクーラーが寒くて体調を崩してやめたり、電車のクーラーが効きすぎていて外との温度差が大きくて体調を崩したり、職場のクーラーが強くて夏の間中、ノドを痛めたり、と強いクーラーにはだいぶ悩まされてきました。ですから、外は暑いのに背広やセーターを常に持ち歩くなどして対処しなければならず、夏は暑さそのものが嫌なのではなく、効き過ぎるクーラーに対処するのが嫌な季節でした。“常夏の島”ハワイは、一年中貿易風が吹き抜けること、また家の作りが風通しよく作られているので――これは先人たちの知恵だと思います――クーラーを使う必要がないので、クーラーに悩まされるケースはあまりありませんでしたが、それでもデパートや映画館はとても寒く、映画を見るときにはシャツの上にセーターを着てさらにその上にジャケットを羽織り、さらに温かい飲み物を持って鑑賞しなければなりませんでした。。。

 環境保全運動への取り組みを真剣に開始して以来、私の職場である生長の家のオフィスでは、夏は部屋の温度を28度以上に保つということが定められていて、私の所属する教化・講師部では28度になったら温度計のセンサーが鳴るので、部屋の温度はだいたい30度ぐらいに保たれています。これはとても素晴らしいことで資源の浪費も防げるし、体調にも良いです。また、通勤電車では弱冷房車に乗るようにしているので、半袖のシャツで出勤することができます。これは大変有り難いことです。

 世間の風潮として、夏の室内の温度を温度を上げることに賛同する人は増えてきてはいるとは思いますが、まだまだデパートや電車の中など、改善の余地はいくらでもあります。早く、「寒い夏」に悩まないのが当り前の環境が整うと良いと思います。

 阿部 哲也

| | コメント (0)

太陽の力

 わが家に太陽光発電装置を設置したのは2006年11月ですから、それから3年半が経ちます。わが家の屋根は面積が小さいため、発電量は「1.38kw」と規模は小さいのですが、「チリも積もれば山となる」もので、3年半での発電量の累積は6,101kw、削減した二酸化炭素の累積は1,091kgにもなります。(2010年7月6日現在)また、昨年11月から電力会社による買い取り価格が1kwあたり45円になりましたので、毎月の売電量も少なからぬ額になります。さらに、エコキュートも併せて設置しているので光熱費はだいぶ減少しているのですが、なにせ3年間ハワイにいたので、前年同時期と比べるわけにはいかなず、残念ながら正確な数字は出ません。

 毎日、当り前に使っている電気ですが、その一部であってもサンサンと降り注ぐ太陽の恵みから頂いているものであると考えると、少しの電気もムダにはできないな、と思います。ましてや、二酸化炭素を排出して得た電気をムダにすることもできません。

 今は梅雨で、あまり発電できない日もありますが、梅雨の合間に太陽がサーッと顔を出すと、今日もコツコツと発電してくれているな、と嬉しくなります。

 また、3年ぶりに味わう日本の梅雨は、とても新鮮です。サウナのような蒸し暑さに辟易することもありますが、この湿り気は体調に合うようです。

 阿部 哲也

 わが家で今日も発電してくれている太陽光発電装置。

Photovolatic

| | コメント (0)

持続可能な社会

「再生可能エネルギーの利用が進む米農家」と題した記事です。チャンスはそこ、ここにあふれていて、持続可能な社会への移行に勇気づけを与えてくれる話だと思いました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090907-00000001-natiogeo-int

 以下は今日届いたばかりの時事週刊誌『TIME』の10月5日号に書かれていたことですが、国際エネルギー機関が間もなく発表するレポートによると、2009年の二酸化炭素排出量は、貿易の減少、工業生産高の減少、政府によるグリーン政策などが影響し、2.6%の減少が見込まれるそうで、これは過去40年間で最大の減り幅のようです。この傾向に拍車がかかり、グリーン政策をしないのは恥ずかしい、あるいは時代遅れ、という風潮になって欲しいです。

 阿部 哲也

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

| | コメント (0)

目指せ、環境先進州!

 土曜日の行事は、リーダーのための研修会が午後に、日本語の勉強会が夜に行われました。研修会は英語で30分の講話を2つ、そして質疑応答でした。内容は、『甘露の法雨』など聖経の素晴らしさについて、そして伝道の素晴らしさについて、でした。日本語の勉強会も30分の講話2つに質疑応答でした。内容は体験談を含めた言葉の力についての講話と日時計主義についての講話。そして日曜日は英語の一日見真会。私は2つの講話とQ&Aの回答、そして激励の言葉を担当させていただきました。皆さん、とても熱心に聞いてくださり、質問も運動への情熱を存分に感じさせてくださる、素晴らしい質問を頂きました。また最後には、英語での伝道の決意が次々と発表され、とても有り難く思いました。参加された皆様をはじめ、準備等で協力してくださいました皆様、ありがとうございました。

 月曜日は予定通りハワイに戻って参りましたが、面白かったのは、アメリカへの入国はカナダで行われた、ということです。入国の審査を済ませてから荷物をチェックイン、そして自分もチェックイン、でした。ところがここでハプニングが。私は日本国籍ですがアメリカに在住しているため、滞在目的を示すビザが必要です。もちろんビザはパスポートにしっかりと貼り付けてあるのですが、どこに住んでいるということを書いた紙が張り付いていないのです。どこかで取れてしまったようで、一瞬ヒヤリとしましたが、ただ書いて提出すればよく、事なきを得ました。

 さて本日(火曜日)、新聞を見ると嬉しいニュースがのっていました。オアフ島と少し離れたところにあるラナイ島に、州内の大手電力会社が超大型の風力発電装置を建設するとの契約を州と交わした、というのです。この装置が稼働して、パイプラインを通じてオアフ島に電力が供給できるようになると同島で使用する電力の3分の1は賄えるということです。ちなみにハワイの州政府は2030年までにオアフ島内のエネルギー需要の70%を代替エネルギーにする、という目標を立てています。記事は下記でご覧になれます。

 http://www.honoluluadvertiser.com/apps/pbcs.dll/article?AID=2008810210358

 ハワイには風力はもちろん、ものすごい迫力の太陽光線、そして海と自然の宝庫です。ぜひこの調子でアメリカ全体の環境対策をリードしていって欲しいと思います。大統領も間もなく変わることですし……。

-TA

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

| | コメント (2)