英語を話す人は特別な人?

 英語学習を始めたばかりの頃は、「英語を話せる人」というのは留学をされたり、海外で勤務をしておられたり、あるいは日本でも超人のように頑張って勉強されて、特別な才能を身につけた方だという、漠然として思っていました。

 1999年から始めた英語学習でしたが、昨年から英語圏で仕事をするようになり状況が大きく変わり、今となっては、「話せるか」「話せないか」と二者択一するのであれば、「英語を話す」部類に入るようになってきたのだと思います。確かに日常生活の中で英語の理解力が原因で困るという機会は少なくなりましたし、電話に対する恐怖心も減り、以前は夜に会議があった日には脳髄が興奮するのでしょう、なかなか寝付けなくて次の日はボーッと過ごしていたのが、だいぶそういうことも無くなってきました。

 ところが、少なくとも私のレベルでは、たとえ毎日英語を使う仕事をしていたとしても、それ相当のトレーニングを毎日していないと現状維持はおろか、上達は望めないのです。これは以前に全く予期していないことでした。

 英語は、ピアノやあるいは、スポーツのトレーニングと似ているような気がします。基礎的なトレーニングをしないと上達しないし、それをやっていると逆に、いつのまにかは上達していることに気付くことがあります。

 私の場合は先日もご紹介しましたように、自分が感動した短いパッセージを何度も繰り返し音読して、意味を味わいながら、感情を込めながらスラスラ言えるようになるまで覚えていくこと、そして、新聞の記事をネイティブの誰かに聞かせるつもりで音読することです。ものの本や専門家のアドバイスでは、そういうことを毎日3時間も4時間もやると良いようなことが書かれているものもありますが、私の毎日の中でこのトレーニングに割り当てられる時間はせいぜい30分です。少ないときは10分のときもありますが、これをやるとやらないのとでは全然違います。

 あと科学者によると、私たちが人の話を聞くのは耳ではなく、実は脳で聞いているのだそうですが、私は英語を聞いているときその感を強くします。頭の中で理解しながら聞いていると、全部は分からなくても、前後関係が繋がって、相手の言うことが理解できるのですが、何を言っているのかが分からなくなると途端に聞き取れなくなります。これまで聞き取れていたような内容でさえも、です。聞き取れなくなると焦ってくるという心理的な要素も加わるのかもしれません。それから体調によって、あるいは気候によってさえも聞き取れたり、聞き取れなかったりもします。睡眠不足なときや頭がボーッとしているときはダメです。所詮そのレベルなのですが、「英語を話す人」「―を話さない人」と二分法で区別していたときにはとても思いつかない、グレーゾーンがあることを思い知りました。

 世の中には、「●●ができる人、できない人」という類の本が出回っていますが、人生そんなに簡単に分けられるもんじゃないのになぁーと思ってしまいます。

-TA

にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ


| | コメント (4)

ある日突然口から英語が……

 どこかの広告にありそうなフレーズです。私はこのキャッチフレーズを決して信じはしませんが、ある一定の条件のもとではあり得ることを知りました。と言いますか、体験しました。私のことではありません、娘のことです。

 今年のはじめに娘をプリスクールに入れた頃、ちゃんと馴染めるだろうか、行くのが嫌、と言わないだろうかとずいぶん気になったものですが、そういう話をするとハワイに長年住んでいる人たち(主に日本人)は決まって、「そうねぇ~、行き始めて半年ぐらいした頃からかしらねぇ。突然、口から英語がシャワーのように出てくるのよね。それまでの間は辛抱ね」と言うのです。「突然話せるようになるって本当ですか?」と聞くと、「少しずつ話せるようになる、というよりある日突然という感じ」と。

 そんなもんかなぁと思っていたところ、少し前から短い言葉なら例えば「Mommy NO!」とか「Stop!」とか言うようになりましたし、時々「Daddy」って話しかけられますし、英語で話しかけると「Uh-huh」と相づちを打つようになり、そして口ずさむ歌のほとんどは英語ですから、随分慣れたなぁと思っていたのです。

 ところが2週間ほど前のある日――本当にある日突然――を境に、センテンスが洪水のように出てくるようになりました。何かをしたいとき、何かを伝えたいとき、川の流れのように出てくるのです。これが現地の人たちが言っていた「ある日突然」かぁとちょっと感動でした。

 さて彼女が話す内容ですが、ちゃんとしたセンテンスもあれば、何を言っているのか分からないものもあります。私の「耳」の問題もありますが、感じとしては、子どもが初めて話し始めるとき、意味のあることもないことも話し始めるのに似ています。それでも、近くのショッピングセンターに子供の遊び場があって休日にそこに連れて行くと瞬く間に友達を作ってペチャクチャお話をしている(ように見える)ので、そこそこ意味のある言葉が出てきたのだと思います。

 私は日本に戻ってから、子どもに英語を習わせるかどうかと聞かれたら、今のところ、本人が行きたがるならば、という条件つきです。NHKラジオ『ビジネス英会話』の講師をされている杉田敏先生は、「興味とニーズがなければ決して英語はものならない」とおっしゃっていますが、私はそれがよく分かる気がします。友達との関係も大切だし、中学に入ったら勉強が大変になり、塾にも行くでしょうから、子どもが希望しないのに英語を習わせるのはかわいそうだと思います。しかし基本的な英語感覚は今の環境で身につくでしょうから、将来英語を使って勉強したり仕事をするために努力をすれば立派な英語を話せるようになるでしょう。そこから先は、「It is up to her」(彼女次第)です。

-TA

にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

| | コメント (0)

このブログ、3年目に入ります(2)

 2つ目は、新聞の記事を口に出して読むというものです。もちろん内容を理解しながら、分かりやすく、人に聞かせるつもりで読みます。私の場合、日本で起きている出来事を知るために、日本のことが書かれている英語の記事を読んでいます。サミットが迫ってくるとサミットのことを集中的に読み、日頃は地球温暖化に関することなど、興味を持っていることを中心に読んでいます。

 これは、本サイトでも時々ご紹介する、外資系PR会社社長で、NHKのビジネス英語の講師を長年しておられる杉田敏先生からのアドバイスをアレンジしたものです。先日も、杉田先生のサイトの掲示板(http://www.ethospathoslogos.com/bbs/wforum.cgi)に、現地の人の言っていることが聞き取れないことがあるが、どうしたらいいですか、と質問を書いたところ、私にとっては意外なお答えが変えてきました。それは、自分自身の発音に気をつけて、姿勢を正して、そして腹筋を鍛えて腹の底から発声する練習を、とおっしゃるのです。

 人の話を聞くのにどうして自分の発声に気をつけるのだろう、と思ったりしましたが、正しい発音を知らなければ正しく発音されているものが認識できないのは確かにその通りだと思います。それでこれも、毎日少しずつ、しっかりとした姿勢で、ハッキリと丁寧に発音するように心がけるようにしています。

 あとは、出来る限り英語の本を読むことを心がけていますが、気持ちはあっても現実の生活の時間配分の中ではなかなか捗らないのが現状です。英語力を伸ばすことにもっと時間を使えれば良いのですが、日頃の生活の中ではそれはままなりませんから、何を優先にしてするかが大切になってくると思います。

 先にご紹介をした方法を採り始めて2か月ぐらい経っていたでしょうか、先日参加したNYのセミナーでは確かに聞き取れる割合が以前に比べてかなり進歩したことを感じて、自分なりにちょっとした感動を味わいました。この2ヶ月間、実を言うと、そんなに英語の放送を聞いたり、とりたててリスニングの練習をしたわけではないのです。興味のある表現を覚えたり、自分の発音に注意を払って音読する練習を取り入れたら、リスニングが以前に比べて伸びた(ような気がする)、というのはちょっと考えると不思議に思えますが、事実です。

 このような貴重なアドバイスをその道の専門家から無料で頂くことができるのは、ネットならではの恩典だと思います。本当に有り難いことです。そのほか、英語学習の仲間同士の励ましや意見交換なども、ときに孤独になりがちな生活においてはオアシスのような潤いをいただいています。

-TA

にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

| | コメント (2)

このブログ、3年目に入ります(1)

 振り返ると、ブログをはじめて7月末ではや2年、そして8月からは3年目に入ります。自分の考え方を整理するため、あるいは感動した記事や興味ある記事をシェアするため、そしてある意味、名刺がわりに書いている部分もありますが、読んでくださる方がいることは本当に有り難いことと、お読み下さっている皆様に心から感謝申し上げます。

 最近、ますます多くの人がブログを書くようになり、いろいろと参考になる資料やものの考え方をシェアしていただくことができ、とても有り難いことです。今の時代をどのような心構えで生きれば良いか、どのように生長の家の教えを理解すればよいかのバックボーンを深い洞察でお示しくださる生長の家副総裁・谷口雅宣先生のブログをはじめ、講師仲間や一般信徒の皆様のブログは、私自身の勉強にもなり、また斬新なアイディアや発想にとても刺激をいただいています。

 その他私がよくおじゃまするブログは、通訳や翻訳の専門家が集うブログやそこにリンクが貼られているブログ、そして英語学習の仲間が集まるブログです。私は通訳や翻訳を仕事にしているわけではありませんが、そういう専門家の方々の英語学習法やアドバイスには、私にとっての“金言”が隠されていて、そこから頂いたいくつかのアドバイスは、限られた時間の中で英語による教化力を向上させなければならない私にとってはライフラインなのです。

 最近、私がとても参考になった英語学習のためのアドバイスを2つご紹介したいと思います。

 1つ目は、現役通訳者で通訳学校でも教えておられる YJ さんのブログ。YJさんは、「英会話力を伸ばしたければまとまったスピーチを丸暗記すると良い」と言います。それも、たどたどしく言える程度ではだめで、感情を込めてスラスラ言えるまで、というものでした。(下記にそのアドバイスが載っている記事があります:http://englishmaster.blog51.fc2.com/blog-entry-18.html#comment

 それで彼女にどのぐらいの長さのものを暗記すると良いのかを質問したところ、A4で2、3枚とのこと。しかし私の仕事の配分やその他の時間の関係から、それだけの長さのものを一気に暗記するのは難しいし、どういう内容のものが良いかを考えあぐねていたのですが、1日に短い分量で負担がかからないもの……ということで、『人生の扉を開く』("OPEN THE DOORS OF YOUR LIFE")の英語の部分を1日分覚えていくことにしました。この本は、短い言葉の中に生きていくための「金言」が凝縮されていて、これ覚えたいなぁという表現が沢山あるので、一石二鳥です。

 1日1頁覚えても次の日には忘れていきますから、何度も繰り返して、でもあまりそればかりやっているわけにはいかないので、せいぜいそれにかける時間は10分か20分に限定。それでも毎日続けていると、1か月後ぐらいでしょうか、少しずつ効果が現れてきました。

 どんな効果が現れてきたかというと、話すのも少しスムースになった気はしますが、英語が聞き取りやすくなり、また文章を書くときに表現がすっと出てくる機会が増えてきた気がします。(続く)

にほんブログ村 英語ブログへ

にほんブログ村 英語ブログ 英語で仕事へ

| | コメント (0)

今日覚えた言葉

 act up ---- 勝手に振る舞う、機会がうまく作動しない

 現地の皆さんとメールのやりとりをしていると、あっこういうときはこうやって言えばいいんだ、と思うことがよくあります。

 昨日、私宛ではなくて、幹部同士のやりとりでCCが私についていた文面に、

「.....(名前)please make a copy for me. My printer is acting up.」

 というのがありました。act もupも知っていても「act up」がどういう意味か分からないので辞書を引いてみると……ありました、ありました。それが冒頭に掲げた意味です。

 それで、どういう使われ方をするのかなぁとネットで検索してみたらとっても詳しく解説してくれているサイトがありました。

 http://www.listen-it.com/2008/01/act-up.html

 シリコンバレーにお住まいでご主人がアメリカ人(と思われる)女性の方のサイトですが、曰く、『これは(act up)、知っておくと役に立つことが(特にアメリカでは)多い表現。「うまく機能しない」という意味なのですが、完全に壊れているのではなく、「イマイチ」な状態を指します』。

 なるほど。毎日勉強になりま~す。

-TA

| | コメント (0)

手前味噌ですが……

 こちらに来る直前、『AERA English』から英語学習について取材を受けて、7月号にの記事が載ったことをご紹介しました。(5月31日のブログ)その記事の中には、私がライティング講座アイ・オズモシス(http://www.i-osmosis.jp/)を受講して良かった、ということを書いてあるのですがそれを読んで、その講座を申し込まれた方が殺到したようで(ちょっと大げさ!)、その講座の担当者の方から私の記事をウェブサイトに載せたい、という依頼を頂きました。それで、同講座のウェブの右端、新着情報の『「読む力も同時に養われた」―AERA Englishに英検1級エッセー対策コース受講生の体験談を紹介』という所をクリックしますと記事にジャンプします。よろしければご覧ください。

 なお、記事はライターの方が少し格好良く脚色している部分もありますこと、ご承知おきください。

 手前味噌で、失礼しました……。

-TA

| | コメント (4)

最後の授業

 今日は、マンツーマンで教わっている英語の先生(Mr. Lee Arnold)から教わる、最後の授業でした。最後になるのは、私がハワイに赴任することと、先生が神田外語学院の講師としてヘッドハンティングされ、家も引っ越されるためで、今日が最後となりました。Lee 先生に教わり始めたのは昨年の8月からですが、誠実を絵に描いたような方で、話に夢中になるとものすごく早口になるので、リスニングにはもってこいでした。しかし、あまりしゃべられるとこちらのスピーキングの練習になりませんので正直にそのことを言うと、あの手この手で質問をしてくれる、とても優しい性格(ちょっと天然が入っている……)の方でした。ちなみに、アメリカ人ですが、育ちはオーストラリアだそうです。

 習っていたのは約8カ月(週1回、1時間)と、割合短い期間でしたが、英語のブログの添削をお願いすると、長文のメールで、どうしてそのように修正するのが良いのかを、丁寧に説明してくださるなど、とっても多くのことを学ぶ事が出来ました。

 先生の益々のご活躍をお祈り申し上げ、教えて頂いたことを生かしてこれからも英語力をブラッシュアップしていきたいと思います。ありがとうございました。

-TA

| | コメント (4)

AERA English

 今日は、『AERA English』の取材を受けました。私は仕事の関係で、取材はしたことがあるのですが受けるのは初めてでしたので、大変緊張……すると思いきや、記者の方がとても気さくな方だったためか(そして可憐な女性だったこともあるかも)、至って「普通」に臨むことができました。私にとって「普通」とは、よくしゃべった、ということです。しかし喉を痛めていたため、ダミ声でした。。。

 今回は英検を受験した人ということで私にお鉢が回ってきたのですが、私は2003年に準1級に合格した後は、 2006年に1級を受けて1次は合格、2次は2回連続不合格で、まだ挑戦中なのです。まぁそれでも結構ですので、とおっしゃるので、日常の英語学習について、そして試験勉強について(たいしたことはしていませんが)ありのままをお話いたしました。記者の方によると、同誌の7月号(5月23日発売)に掲載される予定だそうですので、興味ある方はご覧ください。(たぶん写真入りです…)

 ところで、今回私を紹介してくださったのは、「All About Japan」で「英語の学び方・活かし方」のガイドをされている川本佐奈恵さん(塾の英語の先生)。川本さんは塾の先生のほかにも、通訳のボランティアや数々のお仕事をこなしながら、主婦もされながら、NHKラジオ「ビジネス英会話」(「やさしいビジネス英語」の時代から)における、講師の杉田敏先生とネイティブのアシスタントの方との間で交わされる英語のやりとりをディクテーションされ、それを無料で希望者にメルマガとして配信し続けておられる、それはそれは献身的な女性です。私は数年前からそのメルマガを購読していて、ディクテーションの内容はもちろんのこと、川本さんが編集後記で色々なことを書いてくださるので、全国にこんなに素晴らしい学習仲間がいるんだ、といつも勇気づけられ、励まされています。

 それで、時々、そうしたことへの感謝の気持ちを書いたところ、お忙しいのに丁寧にお返事をくださったりして、時々コミュニケーションするようになりました。まだ一度もお会いしたことはないのですが、そんな私を雑誌の担当の方に紹介してくださり、感謝に堪えません。ありがとうございました。また、こういうことが実現するのはネット社会ならではの恩恵だなぁと思ったことでした。

 ちなみに川本さんは本を3冊出しておられ、どの本もとっても好評ですから、英語学習に興味のある方、ぜひ、手にとってみられてはいかがでしょうか。

 明日から、生長の家宇治別格本山の伝道練成会に参加してまいります。

-TA

| | コメント (6)

Job Satisfaction

 NHKラジオ「ビジネス英会話」Lesson11のタイトルは、Job Satisfaction(仕事への充足感)。今回のビニェットの内容でおもしろいと思ったのは、登場人物の1人が、次のように言っていることです。舞台はアメリカの会社のオフィスです。

 Teachers sometimes ask them what their parents do and what they think about it. Are they proud of what mom and dad do?
 (教師が時折子どもたちに、親がどんな仕事をしていて、それについて子どもたちがどう思うかを尋ねているのです。つまりママやパパがやっていることを自慢できますか、と)

 日本では学校の先生がそういう質問をすることはあまりないと思います。2月19日の本欄で私は、『「学ぶ親」から学ぶ子』についてご紹介しましたが、子どもたちが親のしていることに興味を持ち、そこから学ぶことは、親子の絆を深め、親を尊敬する気持ちを醸成することになるでしょうから、とても大切なことだと思います。

 私は今の職場にとても満足しています。細かいことを挙げればきりがありませんが、よく評価をして頂いていると思いますし、やりがいのある仕事です。そして、家族と過ごす時間もあります。有り難いことと感謝しています。

 あと講師の杉田先生が、こんなジョークも紹介されていました。

 "You should go to the barbers on your own time."
  「床屋に行くのは勤務時間外にすること」
 "But my hair grows on company time."
  「でも、髪が生えるのは勤務時間内です」」

 うーーん、座布団2枚! です。

 ※この部分の英語は、川本佐奈恵さんが主宰する「ビジ英 & 英会話上級を120%利用するメルマガ」から頂いています。

-TA


| | コメント (0)

英語になっている日本語

 日本語には沢山の外来語があり、そして独自にアレンジして、生活の一部として使われていますよね。たとえば「ナイター」「アフターサービス」「OL」「オートバイ」「ガードマン」「ガソリンスタンド」などなど。これらの単語はあまりに日常的に使っているので、英語でそれらを言おうとするとき、それぞれ「night game」「customer service or user support」「office girl or female office worker」「motorcycle」「security guard」「gas station」などと置き換えなければならず、覚えるのに一苦労です。ついでに思い出しましたが、日本語でいうホームページは英語では「website」。「homepage」は、文字通り「home」すなわち最初に出て来る画面ですね。日本に住んでいるアメリカ人と話すときは、和製英語がある程度通じるので、変換できない場合そのまま言うと、正しい英語を教えてくれることが多いので助かります。

 一方、わずかではありますが、日本語から英語に進出している単語もあります。2004年の暮れから頻繁に使われた単語、それは「tsunami」だったのではないでしょうか。英語のニュースを聞いていて、「tsunami」「tsunami」が連発されていてびっくりしました。

 そのほか英英辞典にのっているものとして私が面白いと思ったのは、「kaizen」です。『The Concise OXford Dictionary』には、

 a Japanese business philosophy of continuous improvement.

 などとのっています。改善は「カイゼン」などとも書かれて、製造業の用語として、上からの命令ではなく作業者自らが知恵を出し、生産効率や業務効率、そして品質の向上などに取り組んでいくこと、とされています。

 あと、これは主にアジアで使われているようですが、「rikshaw」は人力車が語源なんだそうです。『Collins Cobuild English Dictionary』には、

 A rikshaw is a simple vehicle that is used in Asia for carrying passengers. Some rikshaws are pulled by a man walks or runs in front.

 とあります。そのほか、「tatami」「kimono」「suhi」「sukiyaki」「yakitori」なんかも英英辞典にのっていました。身近な単語を別の文化の辞典で調べてみると新鮮味があって面白いです。

-TA


| | コメント (4)