ボランティア

 東日本大震災があって、多くの方がボランティア活動をされていて、本当に素晴らしいと思います。現地に行くことがかなわない私も、何かできることはないかと思っていたところ、大変微力ではありますが、あることに思い当たりました。

 私は家内とともに、13年前からある非営利団体を通して、途上国の子供達の自立を支援するプログラムに参加し、毎月いくらか献金するということを続けています。そのときはまだ子供がいなかったので、日本のような先進国ではない国々の子供達の現状を知り、少しでも支援をしたいと思って始めたものです。そのプログラムでは直接、献金したものがある一つの家庭に届くのではないのですが、支援する側と支援を受ける側の顔が見える方が双方にとって良いということで、スポンサーとその受け手を決めて、受け手の方はスポンサーに現状を報告し、スポンサーの方もお手紙や安価なプレゼントをあげたりして交流するシステムを取っています。

 その際、色々な国の言葉に訳すボランティアを募るのが大変だからでしょうか、まず、書かれた手紙はどの国の言葉であってもまず英語にすることになっているようです。現地語と英語の翻訳はできる人を確保するのはある程度、出来るということなのではないかと思います。

 そのことを知った私は2006年から、同団体に翻訳ボランティアとして応募し、同年からスポンサーと受け手が交流するお手紙の翻訳を始めました。だいたい1年間に3、4回、20通の手紙を訳すことになっています。「日→英」か「英→日」かは自分で選べますので私は半々にしてやっていました。ところが2007年6月からハワイに赴任することになったので、翻訳ボランティアは終了することにしました。それをやっている余裕はないと思ったからです。

 それで昨年帰国をしてからは、引っ越しがあり、娘の受験、震災、そして再度引っ越しなどがあって、翻訳ボランティアの事は忘れていたのですが、多くの方々が震災のボランティアをされていることを知り、今、何かできることはないか考えていたときに、このことを思い出したのです。早速、同団体の事務局の方に連絡をしたところ、「すぐに翻訳を依頼する通信文を送って良いですか?」と言ってくださったので、喜んで引き受けることにしました。

 だいたい2、3週間の間に20通の文章を訳すのですが、1枚あたりの分量は短い場合が多いのですが、難しいのは、書いてある英語を判読することです。今回は、「英→日」の通信物が多いということでしたのですべて20通すべて「英→日」だからそんなに大変ではないと思ったのですが、ベトナムの翻訳ボランティアの方が「ベトナム語→英語」に訳した、そのアルファベットが読みにくくて、とても大変でした。それに加えて、ネイティブでは使わないような(ベトナム語的と言いましょうか)表現があり、訳すよりも判読する方に時間が必要でした。それでも何枚か読んでいると似たような表現が出てきて、無事に全部理解できたと思います。

 ベトナムの子供達の手紙では、震災でスポンサーが被害に遭わなかったかどうかを気遣い文面が多く、胸を打たれました。昨年10月、ベトナムで起きた洪水のことに触れてあるものもあり、「日本とベトナムで自然災害が起こりませんように」などと書かれたものもあり、校正しながらうるうるしてきました。

 そうたいしたことはできませんが、出来る限り続けていきたいと思います。

 阿部 哲也

| | コメント (2)

佐賀の中高生

 昨年の冬、中学生と高校生を対象とした2泊3日の生長の家のセミナー(練成会、合宿形式で生長の家の教えを学び、実践する会)のために佐賀県に出講しました。参加した中学生、高校生の皆さんは生き生きとハツラツとしていて、そして愛他的な生き方をますます実践します、との決意が沢山出た、素晴らしいセミナーだったと記憶しています。

 その佐賀県の生長の家の中高生の皆さんは、平成10年から8年間にわたり、定期的にボランティアとして老人ホームを慰問されていているのをはじめ、空き缶のプルタブ(飲み口のつまみの部分)を集める活動を続けてこられました。プルタブは沢山集めると車イスに交換してもらえるのだそうです。それで今年の6月、ついに目標だった220kgを上回る、250kg(約50万個)のプルタブを回収。見事、車イス2台を手にされました。

 本日、佐賀教区の青年会の方から、一昨日の21日に、老人ホームを慰問し車イスを贈呈し、感謝状を頂いた旨の連絡を頂きました。おめでとうございます! それにしても、感謝状の内容、心こもっていて、感激しました。以下の4枚の写真は、プルタブの測定を終了したときの中高生の皆さん、寄贈された車イス2台、感謝状、老人ホームの皆さんと撮影されたもの、です。クリックすると大きな画像をご覧になれます。

Saga_1_2
Saga_2_2
Saga_3_1
Saga_4_1

| | コメント (2)

翻訳ボランティア

「フォスター・プラン」――この言葉を新聞で見たのは、結婚して1年ほどたった1998年の夏ごろでした。内容を読んでみると、戦闘や政治的腐敗、あるいは自然災害等で打撃を受けている、途上国の子どもたちを支援するプロジェクトとのこと。「スポンサー」は毎月5,000円を出資し、それは国際組織を通してプロジェクト全体の活動を支えることになるのですが、それでは援助した実態がわかりにくいため、サポートする側と受ける側は、「スポンサー」「チャイルド」という関係を結び、お互いに手紙やちょっとした贈り物を通して、心の通う支援をしましょう、というものでした。(今では、援助額は3,000円、4000円のコースもあります。詳しくはプラン・ジャパンのHPで)

 まだ子どもがいなかった私たち夫婦は、生活費も割合余裕があったことから(あまり貯金をしていなかったからなのですが(^_^;)、早速申し込みをしました。すると、私たちの「チャイルド」には、当時中米諸国を襲ったハリケーン・ミッチで壊滅的なダメージを受けた、ホンジュラス(中米の小さな国です)という国に住む男の子が決まりました。その子は生まれて間もない子でしたが、早速、手紙を書いたり、また、もらったり(親が代筆)と、楽しいやりとりが始まりました――はずでしたが、こちらから書いたのは最初の2、3回だけ……。いつしか、金銭だけのサポートになってしまいました。

 ところが、私の職場の女性blogger、チャシャ猫さんが、2人の「チャイルド」と喜々としてやりとりを楽しんでいる様子を刻々と報告されているのを見て、人のためになるっていいなぁと改めて思いました。そして、私も何か役にたつことはできないものかと考え、毎日している神想観(生長の家の座禅的瞑想)で、「できるだけ多くの人のためになるアイディアとそれを実行する力を与え給え」と神様に祈っていました。すると、「翻訳ボランティア」という考えに行き当たりました。そうすれば、自分の英語学習のためにもなるし、人の役にもたつし、とその旨を「プラン・ジャパン」の事務局に申請してみました。

 す、するとですよ、な、なんと、「トライアル翻訳」をしてくださいとのこと。しかも、「英語→日本語」「日本語→英語」とも、10通ずつもあるではありませんか! しかも期限は3週間。なかなか時間が取れませんでしたが、何とか訳し始めると、これが結構難しいんです。手紙だから何とかなるかぁ、と思っていたのは大間違いで、現地の「チャイルド」(あるいは翻訳ボランティアによる翻訳、たとえばスワヒリ語→英語、中国語→英語など)が書いた字が判読できなかったり、文法があれれ? というのもあるし、その土地独特の習慣やお祭りがあったりと、意味を読みとるのがとっても大変。また、日本語の文章は当然意味は取れますが、いざ訳すとなると、これまた結構たいへん。

 それでも翻訳ボランティア用に、ご丁寧な文例集があったりして、かなり助けられましたが、思ったよりもはるかに時間とエネルギーが必要でした。ところが、ところが……。何通ものやりとりを読んでは訳し、訳しては読み、しているうちに、「スポンサー」と「チャイルド」の心温まる交流に胸がじーーーん。あぁ、僕らの「チャイルド」もこういうやりとりをしたいだろうに、との思いがこみ上げてきて、早速、「チャイルド」に手紙を書き、私たちの子どもの写真2枚と、安価な文房具(ギフトは重量50g、500円以内と決まっています。これは「チャイルド」が不公平感を持ったり、さらなる要求をする心を起こさせないため、とか。よく考えられています、この制度)を入れて送ったのでした。

 なんと気持ちがすがすがしいこと! こんな気持ちになるなら、もっと早くやっておけば良かったです。

 2、3日前に「プラン・ジャパン」事務局から通知が来て、正式に「翻訳ボランティア」として登録しました、とのこと。2、3カ月に1回の頻度ですが、少しでもお役に立てますよう、がんばりまーす!

P.S. 文中、「子供」を「子ども」と書いているのに気付かれましたでしょうか? 「供」には「つき従って行く人」(広辞苑 第5版)という意味があるので、「プラン・ジャパン」では「子ども」と書くように統一しているとのこと。その他、共同通信社による『記者ハンドブック』に準拠して書くよう要請されているため、一時期、団体の機関誌や月刊の新聞の記者をしていたことのある私には、少しアドバンテージがある仕事なのです、はい。

| | コメント (4)